家族の事例

オーナー経営者が亡くなったあとに、家族におこるトラブルとは?

オーナー経営者にとって、会社の繁栄も家族の幸せも同じ様に大事なことです。突然社長が亡くなると、家族にも大きな影響があります。悲しみと同時に相続の問題が発生するのです。家族のために遺したはずのものが、誰かの手に渡ってしまうことがあります。

家族が家を追われる

家族が家を追われる

この事例のPOINT

評価の高い自社株と優先事項の違いがもめる原因に!

 

【A社の状況】

A社は地方中堅都市のメーカーで、創業35年を数えています。社長と専務で起こした会...

割れない土地

割れない土地

この事例のPOINT

相続問題が会社の重大事に

 

【D社の状況】

D社は医療機器のメーカーです。血圧に関わるセンサーや制御装置を製作販売しています。この分野は特許がモノを...

会ったことのないファミリー

会ったことのないファミリー

この事例のPOINT

誰の資産かわからない

 

【F社の状況】

不動産賃貸業をしているF社は、親戚が集まってつくられ、不動産業を営んでいました。もともと地方の中核都市で名家...

友人関係は二人だけのもの

友人関係は二人だけのもの

この事例のPOINT

亡き社長の大切な人は、友人同士ではない。

 

【E社の状況】

E社は広告代理店です。20年ほど前に大手広告代理店に勤めていた、社長と専務が立ち上げた会...