もめてしまった事例

ホーム > もめてしまった事例 > 過去の関係の清算

過去の関係の清算

過去の関係の清算

この事例のPOINT

内緒のお金の発覚

 

【J社の状況】

インターネットの発達とともに、ホームページ制作から立ち上げたJ社は、大口のお客様を抱え、飛ぶ鳥を落とす勢いで成長しました。社長は30歳で創業し、またたく間に社員数50人、売上高は10億円を超えました。裸一貫でから立ち上げた社長は我が世の春を謳歌し、毎晩夜の街に繰り出し、豪遊を繰り返していました。一方、会社は堅実に成長し、安定した収益を上げています。J社の未来も明るいように思えましたていました。。

 

【社長の死後に備えて】

会社の収益は、サーバーの保守管理がメインのため、安定した現金収入が見込めます。高くなってしまった会社の株価も、会社が買い取る契約をしているため(金庫株)心配ありません。経営も共同創業者が担ってくれるはずです。そして、何よりも無借金経営なので、誰にも迷惑をかけることなく、会社は存続できます。社長の家族へも、十分な役員退職金が支払われる事になっていました。社長が亡くなるとは想像もしていませんでしたが、万全の準備でした。

 

—ところが、社長が突然死んでしまったのです。

 

社長は若くしてなくなってしまったため、奥様はとても悲しみました。しかし、ずっと悲しみを引きずるわけにはいきません。残された家族は生活していかなければならないのです。子供はまだ小さいものの、夫が残してくれたお金が安心材料になり、子育てしながら強く生きていく決心もできました。幸い夫の両親との関係もよく、子育てだけでなく様々な面で支援をしてくれそうです。

 

【多額の使途不明金】

社長が亡くなってから、安定した生活を取り戻した頃、会社へ税務調査が入りました。その際に、会社に多額の使途不明金があることを指摘されました。会社の役員も全く知らない社長の個人的な支出ということで、このままでは家族に相続税が加算される可能性があるとのこと。会社の資金を管理していたのは亡くなった社長で、会社に責任を押しつけるわけにはいきません。残された家族は途方に暮れました。

 

【社長の裏切り】

その資金を追っていくと、家族の預かり知らぬ女性への送金とマンションの購入があったとのこと。亡くなった社長は、家族や会社に内緒で夜の街の女性名義で、マンションを購入し、生活費の面倒もみてあげていたのでした。こうなると、残された奥様と義理の父母の関係もギクシャクしてきます。それよりも問題なのは、社長が亡くなってから、奥様からの恨みや結婚への後悔が芽生えてくるようになります。このような状態で、残された家族は幸せになれるのでしょうか?

 

社長の奥様の主張

家族思いの優しい夫だと思っていたのに、もう全てを信用することができません。楽しい思い出も、子供への愛情もなにもかも嘘だと思ってしまいます。こう言っては大変申し訳無いのですが、義理のお父さんお母さんも、知っていたのではないかと疑ってしまいます。そう考えると、子供に会わせることもためらってしまいますよね。自分の人生が何だったのかと、本当に悲しくなります。

税務署の主張

遺族の方には、使途不明金の存在をお伝えしました。まさか亡き社長が愛人を囲っていたとは知りませんでしたし、ただ職務に忠実に行動したのです。ご家族にはとても気の毒ですが、この資金の用途を調べさせてもらいました。幸い行き先が見つかったので、そちらで処理をさせてもらいました。税金に関してはご遺族に課すことなく処理できましたので、安堵しております。

【もめる原因】

もめる原因1:内緒の資金

会社資金は社長が決裁することがほとんどです。自身が使ったお金は、社長自身が承認できます。表面上は取り繕うことができたとしても、社長が亡くなった際には、自身のお金と会社の決算が合わないことがあります。会社の余裕資金で支出をしたと思っていても、自身への支出として認識されることがありますので、要注意です。

もめる原因1:生前の行動

生前の行動が資金の使途から明らかになるというのは、実際によくあります。行動の善悪はさておき、亡くなってから後に家族を悲しい思いにさせるというのは、本意ではないはずです。社長の決裁で自由に使えるお金はあったとしても、せめて会社と個人の資金の区別はきちんとしておかないと、家族だけでなく様々な人を悲しませる結果になります。

 

【もめないためのアドバイス】

社長はずっと社長でいると思いがちです。いつか帳尻合わせをしようと、資金融通をしているうちに、亡くなってしまうことが大いに見受けられます。社長以外が口座を覗いた時に、用途がわからない資金がみつかることは、よくあることです。最終的には使途不明金は、表に出てきて課税対象となることもあります。これからどのように資金運用をしていくのか、きちんと第三者に伝えておくことも一つの方法です。

もめない診断サイトはこちら もめない診断サイトはこちら セミナー情報一覧はこちら セミナー情報一覧はこちら
ホーム > もめてしまった事例 > 過去の関係の清算