役員の事例

役員が会社を運営するときの問題点は?

オーナー経営者が亡くなると、実務でも法律的にも力を持つのが役員です。株式会社には役員会という、意思決定機関があるからです。それが、家族や後継者、取引先などと揉め事になることがあります。創業家とのお家騒動にならないために、生前に決め事をしておくのは重要です。

取引先に乗っ取られる

取引先に乗っ取られる

この事例のPOINT

株主構成がもめる原因に!

 

【B社の状況】

B社は中堅の機械部品商社です。社員数は50人余りで、安定した業績を誇っています。取引先は中小メーカーが多...

友人関係は二人だけのもの

友人関係は二人だけのもの

この事例のPOINT

亡き社長の大切な人は、友人同士ではない。

 

【E社の状況】

E社は広告代理店です。20年ほど前に大手広告代理店に勤めていた、社長と専務が立ち上げた会...