もめてしまった事例

ホーム > もめてしまった事例 > 取引先に乗っ取られる

取引先に乗っ取られる

取引先に乗っ取られる

この事例のPOINT

株主構成がもめる原因に!

 

【B社の状況】

B社は中堅の機械部品商社です。社員数は50人余りで、安定した業績を誇っています。取引先は中小メーカーが多く、景気に左右される側面はありますが、幅広い商品ラインナップを揃えることで、不景気にも備えています。社長自身が営業出身のため、営業チームは直接社長がマネジメントをしています。

 

【社長の死後に備えて】

社長は自身が亡くなった後を考えると、心配の種が営業チームと経理でした。安定して売上を上げることができる営業の仕組みと、お金の管理を任せられる人が必要でした。売上が安定するように、親しい取引先の社長に15%(15%社長)だけ出資してもらい、残りの自社株式85%は社長が持つようにしました。お金の管理は、自身の妻に経理を任せるようにしました。取引先に株式を持ってもらったことで、売上も安定し会社が発展していきました。

 

—ところが、社長が亡くなってしまったのです。

 

社長が亡くなっても、B社はスムーズに経営を引き継いだように見えました。生前社長に仕事を教わった営業チームが売上を上げ、経理の奥さんがきちんと資金繰りを支えたからです。この時点でB社の株主は前社長の奥様85%、取引先の15%社長になります。後継社長は営業の部長が、社員の信頼も厚くその椅子に座りました。

 

【経営権を巡って】

「そういう事情なら、お任せします」時が経つと、15%社長がB社の中で影響力を持つようになりました。85%の自社株式を相続した前社長の妻は、営業の現場を知りませんし、経営にはタッチをしていません。お金の管理が仕事だからです。重要事項を決定するはずの株主総会は、15%社長の独壇場となります。自社株式を15%しかもっていない取引先なのですが、前社長の妻からすると、業界のことを知っている大先輩なわけです。15%社長は、自社が社長を務める会社に有利な条件で取引をしたり、新社長に対して影響力を行使するようになりました。実質の経営権を奪ってしまったのです。

取引先15%社長の主張

B社の乗っ取りなんて考えてもいません。お互いに信頼し、支え合って共に伸びてきた会社同士です。B社にとって私の会社はとても重要な取引先で、これからもっと関係を深めていきたいと思っています。

後継社長の主張

社長が残してくれた会社が、取引先の言いなりになっていると感じます。私は営業出身なので、取引先が重要なのはわかります。しかし、赤字の取引条件を飲まされたりするのは納得がいきません。ただ、自社のオーナーなので文句が言えません。

【もめる原因】

もめる原因1:株主構成

前社長が生きているうちは、85%の株式を持ち安定した経営を行っていました。取引先の影響など及ぶはずもなく、前社長がオーナーシップが発揮できたのです。前社長の死後、経営に遠いところにいる前社長の妻が引き継いだことで、経営権を渡してしまうことになります。特に利害関係のある取引先を招き入れるときは、要注意。たった15%でも、遺族からすれば何でも相談できる人に見えます。

もめる原因2:経営権と株主

多くのオーナー企業は、経営者と株主が同じです。経営権をもっている人と、所有者が同一人物のときは問題が起きません。オーナー経営者が亡くなると、経営権の移行と所有権の移行が別々のところで起こります。この場合は、オーナーに取引先が入ったことで、発言権を強めたこと。新社長が株主でなく、経営権を守れなかったことがもめる原因となりました。

 

【もめないためのアドバイス】

この事例を考えると、取引先の15%社長が悪意をもって対応しているのかどうかは、判断しづらいことです。ただし、亡くなった社長が生きていれば、経営権を取引先に渡すことはしないだろうというのはわかります。結果的に、前社長の思い描く会社にはならなそうです。ここで重要なのは、前社長が自身の死後にどのような問題が起こるかを、想定していたかどうかです。安定した売上の仕組みとお金の管理も、亡くなった社長がいたからこそ、機能したものだと言えます。上手な事業承継を考えるならば、所有権と経営権をシミュレーションし、法律やお金の事前準備をしなければなりません。「まさか仲良しのあの社長が、うちの会社を乗っ取るなんて。」と、嘆くこともできないのでは、前社長も浮かばれません。

もめない診断サイトはこちら もめない診断サイトはこちら セミナー情報一覧はこちら セミナー情報一覧はこちら
ホーム > もめてしまった事例 > 取引先に乗っ取られる