後継者の事例

会社を引き継いだ後継者に、降りかかる災難とは?

オーナー経営者が亡くなると、会社のバランスが崩れます。舵取りを任された後継者は、会社を再構築しなければなりません。しかし、負の遺産や関係性までも引き継いでしまうことがあります。会社が繁栄していくためには、もめる原因を把握して先手を打つ必要があります。

家族が家を追われる

家族が家を追われる

この事例のPOINT

評価の高い自社株と優先事項の違いがもめる原因に!

 

【A社の状況】

A社は地方中堅都市のメーカーで、創業35年を数えています。社長と専務で起こした会...

強すぎる創業者

強すぎる創業者

この事例のPOINT

後継者が決められない

 

【C社の状況】

C社は創業40年を数える、建材の問屋さんです。社長が裸一貫から独立して、強い営業組織を作り、地域の建設会社や...