トラブル事例

過去のもめた事例をひもとくと

ホーム > もめてしまった事例

事業承継・相続の問題と言っても、多岐にわたります。 それぞれの立場によって、言い分が異なるからです。一番大きな問題は、お金の使いみち。社長が生前に意図したような経営や相続がおこなわれないことが、たくさんあります。

過去の関係の清算

過去の関係の清算

この事例のPOINT

内緒のお金の発覚

 

【J社の状況】

インターネットの発達とともに、ホームページ制作から立ち上げたJ社は、大口のお客様を抱え、飛ぶ鳥を落とす勢いで成長...

家族のお金

家族のお金

この事例のPOINT

大きな相続税が課される可能性がある

 

【I社の状況】

企業の採用をサポートする会社であるI社は、東京のど真ん中新宿で創業しました。小さな会社でしたが...

知らなかったは通用しない

知らなかったは通用しない

この事例のPOINT

まずは金額の見積もりを

 

【M社の状況】

携帯電話の販売店として始まったM社は、バリバリの営業会社として産声を上げました。携帯電話の契約をとっては、...

取引先に乗っ取られる

取引先に乗っ取られる

この事例のPOINT

株主構成がもめる原因に!

 

【B社の状況】

B社は中堅の機械部品商社です。社員数は50人余りで、安定した業績を誇っています。取引先は中小メーカーが多...

家族が家を追われる

家族が家を追われる

この事例のPOINT

評価の高い自社株と優先事項の違いがもめる原因に!

 

【A社の状況】

A社は地方中堅都市のメーカーで、創業35年を数えています。社長と専務で起こした会...

割れない土地

割れない土地

この事例のPOINT

相続問題が会社の重大事に

 

【D社の状況】

D社は医療機器のメーカーです。血圧に関わるセンサーや制御装置を製作販売しています。この分野は特許がモノを...

会ったことのないファミリー

会ったことのないファミリー

この事例のPOINT

誰の資産かわからない

 

【F社の状況】

不動産賃貸業をしているF社は、親戚が集まってつくられ、不動産業を営んでいました。もともと地方の中核都市で名家...

強すぎる創業者

強すぎる創業者

この事例のPOINT

後継者が決められない

 

【C社の状況】

C社は創業40年を数える、建材の問屋さんです。社長が裸一貫から独立して、強い営業組織を作り、地域の建設会社や...

友人関係は二人だけのもの

友人関係は二人だけのもの

この事例のPOINT

亡き社長の大切な人は、友人同士ではない。

 

【E社の状況】

E社は広告代理店です。20年ほど前に大手広告代理店に勤めていた、社長と専務が立ち上げた会...

ホーム > もめてしまった事例