社長が亡くなった後、会社はどうなるのでしょうか。
実は、本当に多くの会社が事業継承で「もめて」いるのです。
「死後のことは準備してある!」と自信を持って言えますか?

え?
遺言書を書いてあるって?

その遺言書、本当に法的拘束力のあるものですか?
死んでしまった後、どれだけ悔やんでも後の祭り。
遺族や会社のため、今のうちにしっかり対策を打っておきましょう。

よくあるもめる事例

社長が「もめない!」と
勘違いしてしまう4つのポイント

ポイント01資産規模

うちはもめるほど資産がない!だからもめない!でも実際は?役員は会社存続のため、借り入れを返済しないといけない!だからもめる! うちはもめるほど資産がない!だからもめない!でも実際は?役員は会社存続のため、借り入れを返済しないといけない!だからもめる!

ポイント02退職金

親族には退職金が支払われる!だからもめない!でも実際は?退職金は想定通りに支払われない可能性もある!だからもめる! 親族には退職金が支払われる!だからもめない!でも実際は?退職金は想定通りに支払われない可能性もある!だからもめる!

ポイント03税理士

お金のことは税理士の先生に任せてある!だからもめない!でも実際は?税理士は税務アドバイスが中心!利害調整のプロではない!だからもめる! お金のことは税理士の先生に任せてある!だからもめない!でも実際は?税理士は税務アドバイスが中心!利害調整のプロではない!だからもめる!

ポイント04仲が良い

うちは人間関係もよく、皆が仲良し!だからもめない!でも実際は?社長亡き後はポジション争いが起こりがち!だからもめる! うちは人間関係もよく、皆が仲良し!だからもめない!でも実際は?社長亡き後はポジション争いが起こりがち!だからもめる!