もめてしまった事例

ホーム > もめてしまった事例 > 会ったことのないファミリー

会ったことのないファミリー

会ったことのないファミリー

この事例のPOINT

誰の資産かわからない

 

【F社の状況】

不動産賃貸業をしているF社は、親戚が集まってつくられ、不動産業を営んでいました。もともと地方の中核都市で名家だったFファミリーが集まって、建設、建築、仲介、賃貸、管理など不動産にまつわる各事業を成長させていきました。それぞれが事業を伸ばして、3代目や4代目が後継ぎとして経営をしているため、お互いに顔を知らない親戚もいるようになりました。

 

【社長の死後に備えて】

実は本家の社長は10年前に亡くなっていました。奥さんに先立たれ、息子は相続を放棄して、海外に行ったっきり連絡がつきません。本家の社長が亡くなったときに、株式会社の資産の管理を引き継いだのは甥です。それでもお金の処理や管理を引き継いだまでです。地元の名家ともなれば、協同組合を設立したり、ビルを建て貸し出したりしています。また、その土地建物の共有資産それぞれの権利が、名義変更されずに、誰の持ち物かわからない状態となっていました。

 

—ところが、社長の甥も亡くなってしまったのです。

 

様々な共有資産を、管理決済する人さえ失ってしまいました。入出金に関しては、過去の履歴で追うことができます。ひとまず、毎月送金されている口座へ送金します。送金される口座の持ち主に連絡するとともに、不動産の登記簿を確認することにしました。確認するのは、甥の息子です。

 

【不動産登記の名前】

不動産の登記簿を確認すると、ほとんどの土地が共有財産となっていました。共有財産は所有者を移動する際にはすべての持ち主の同意が必要になります。実際は亡くなっている人が多く、誰がその権利を相続しているのかすら、わかりません。近所の知っていそうな人に、聞く作業が始まりました。

 

【送金口座は誰のものか】

もう一つの手がかりは、会社の送金履歴です。誰にどんな理由で、支払われているのか。ひとつひとつ把握する必要があります。もちろん最初は十分な支払いがあったのかもしれませんが、時が経てばとても小さな額面になってしまいます。入金があったことすらわかっていないケースが有りました。また、第3者から借り入れの代わりに、支払いを回しているケース。亡くなっている人へ送金し続けているケースも有りました。

甥の息子の主張

昔は土地持ちだったと話は聞きます。私にとっては、同じ苗字の遠い親戚が経営している会社が、近所にたくさんあるという認識です。まずは誰が所有権を持っているのか、さらにその権利を相続しているのは誰か。そして、その権利を放棄してもらわなければ、土地を生き返らせることはできません。誰かがやらなければ、この土地を売ることもできません。建物を新しくすることもできません。疲れました。

所有者の主張

本家の会社から、毎月振り込まれているのは知っていましたが、何のお金かはわかりませんでした。亡くなったおじいちゃんは、あの土地の権利持ってたのねと。私が相続するにしても、兄弟やいとこにまで承諾を得なければならないとのこと。正直めんどくさいです。

【もめる原因】

もめる原因1:共同所有の土地

土地の権利は、自社株が分散しているのと同じで、所有者が持っていることを認識していないケースがあります。無償で貸している場合などは、生前にきちんと書面で残しておかなければ、相続権を持っているのかさえわかりません。

残された遺族が一人ひとりに相続放棄の依頼をしてもらったり、買取をしたりすることでようやく土地を再生することができます。

もめる原因2:値上がり

上記のケースでは、土地の値上がりがそれほどなかったケースですが、もしこの土地が都心の一等地であった場合はどうでしょうか。所有権を主張して、買取もできない売却もできない状態になります。共同所有の土地にビルが立っている場合などは、取り壊しにも時間がかかります。都心のビルの権利は複雑で、現在は普通に運営されているように見えても、所有者どうしがもめていることが山のように存在します。

 

【もめないためのアドバイス】

親戚一同で持っている先祖代々の土地を、無償で提供することは特に珍しいことではありません。最初は土地を切り売りしないための、善意でとった行動が、次の世代やその次の世代に、親戚がいがみ合う火種となる可能性があります。生前から、資産をきちんと把握して、代替わりの際は権利を整理する必要があります。亡くなる前に一度、第三者が間に入って、期限と権利を書面で書き記すことが、親戚同士をもめさせない唯一の手段になると考えます。

もめない診断サイトはこちら もめない診断サイトはこちら セミナー情報一覧はこちら セミナー情報一覧はこちら
ホーム > もめてしまった事例 > 会ったことのないファミリー