もめてしまった事例

ホーム > もめてしまった事例 > 割れない土地

割れない土地

割れない土地

この事例のPOINT

相続問題が会社の重大事に

 

【D社の状況】

D社は医療機器のメーカーです。血圧に関わるセンサーや制御装置を製作販売しています。この分野は特許がモノをいい、ほぼ独占と言ってもいい市場を作っています。研究開発に関わる投資も、医療業界との共同開発も順調に進んでいて、ニッチではあるものの、長期安定の企業として高い評価を得ていました。

 

【社長の死後に備えて】

社長も開発者として、長く第一線で働いていましたが、すでに第一線を引退していました。子供は3人の兄弟がおり、次男、三男がすでに会社の核となり、研究開発や営業の責任者として、副社長と専務になっていました。長男は全く別の仕事をしていましたので、会社の経営とは関わりがありません。長男からも、会社の株式は次男と三男が相続すると承諾を得ていました。

 

—ところが、社長が亡くなってしまったのです。

 

巨大な資産を築いていた先代社長は、事業承継と相続の準備を怠りませんでした。会社の経営に関わる次男・三男と、関わらない長男とは別々に遺産を残し、株式は下の二人に、自宅は長男に渡しました。相続税にかかわる現金を残し、さらに、自分名義で貸し付けている工場用地は、三人の共有名義として毎月各家族に均等に支払われるように決めていました。

 

【土地を巡っての争い】

創業社長が亡くなってまもなく、不況が訪れました。D社も影響を受けましたが、医療のニーズは安定していて、周りは大騒ぎですがそれほどの問題もなく経営をしていくことができます。ところが、影響を受けたのは長男でした。立ち上げていた事業をたたみ、長男には大きな借金が残ることとなりました。ひとまず再出発をするために、土地の権利を次男と三男に買ってもらおうとしましたが、断られました。では、会社に買って欲しいと依頼したところ、次男と三男の同意がいるとのこと。交渉は暗礁に乗り上げました。

長男の主張

親父が残して相続した土地に、工場が建っているのでいままで家賃をもらっていました。大変ありがたかったのですが、今は大きな借金を背負ってしまったので、いち早く現金化したいのです。弟たちに相談しても、そんなお金はないと言いますし、このままでは自己破産しなければいけません。自己破産すると、他人に土地の権利が渡ってしまうので、余計問題になると思うのですが。

次男・三男の主張

長男も均等に相続したので、このままの状態を継続してほしいです。特に会社には数十人の社員を抱えているわけです。彼らの生活を脅かすことになる、「土地の権利を売る」というような脅迫まがいのことをやられても、到底認めるわけに行きません。健全で安定した経営は、亡くなった創業社長が口を酸っぱくしておっしゃっていたことですし。いい加減大人ですから、個人のことは個人で収拾つけてほしいものです。

【もめる原因】

もめる原因1:将来はわからない

どんな優秀な経営者でも、将来のことはわかりません。

特に、自分以外のことに関してコントロールできるものは殆どありません。

家族の金銭状況、会社の収支、経営状況によって、人の意見や立場は大きく変わっていきます。この場合、兄弟に全く悪意はなく、お互いの意見を伝えているだけですが、立場が違うために優先順位が平行線なまま話が止まっています。

もめる原因2:共有名義は怖い

土地の使用料として、会社から兄弟に副収入が入るようにした、創業社長の親心です。とてもうまい仕組みですが、土地の上には工場が建っています。つまり、それぞれが売ろうとしても同意がない限り、現金化ができません。

買ってもらえるところが会社しかない場合、現金が準備できていないとすぐに売ることはできません。

 

【もめないためのアドバイス】

個人名義の土地で、会社に貸し付けているものは注意が必要です。会社のトップである社長と、名義人である人が一致するときは問題ないのですが、亡くなってしまうとバラバラになる可能性が出てきます。また、共有名義にしても、共有した人たちが同じ生活環境にいるわけではありません。いろいろな要因が重なると、意見の齟齬が生まれ対立になっていきます。売りたいときに売れない土地は、なんのメリットも生まないのです。この場合、家族と会社との資産分離を準備するのをおすすめしています。亡くなる前に、準備しておいてください。

もめない診断サイトはこちら もめない診断サイトはこちら セミナー情報一覧はこちら セミナー情報一覧はこちら
ホーム > もめてしまった事例 > 割れない土地