遺族×税務署

過去の関係の清算

社長の奥様の主張

家族思いの優しい夫だと思っていたのに、もう全てを信用することができません。楽しい思い出も、子供への愛情もなにもかも嘘だと思ってしまいます。こう言っては大変申し訳無いのですが、義理のお父さんお母さんも、知っていたのではないかと疑ってしまいます。そう考えると、子供に会わせることもためらってしまいますよね。自分の人生が何だったのかと、本当に悲しくなります。

税務署の主張

遺族の方には、使途不明金の存在をお伝えしました。まさか亡き社長が愛人を囲っていたとは知りませんでしたし、ただ職務に忠実に行動したのです。ご家族にはとても気の毒ですが、この資金の用途を調べさせてもらいました。幸い行き先が見つかったので、そちらで処理をさせてもらいました。税金に関してはご遺族に課すことなく処理できましたので、安堵しております。

家族のお金

社長の奥さんの主張

確かになくなった主人が家庭に入れていたお金ですが、私腹を肥やそうと思って自分の口座に入れていたわけではなく、家族のお金を貯金していただけです。その家族のお金に、相続税がかかるなんて、納得がいきません。税理士の先生に相談しても、税務署に指摘されれば払うしかないとのことです。主人がなくなったことで、将来が不安なのですが、お金も取られるのは本当にどうしていいかわかりません。

税務署の主張

これは典型的な「名義預金」です。もし、社長の個人口座に現金貯蓄されていたら、財産と認定されて奥様に相続税がかかります。20年期間があるとはいえ、専業主婦である奥様に、1億円もの収入があったと思えません。意図的とは言いませんが、ある意味わかりやすい隠し財産と認定できます。もちろん、相続税はお支払いいただくことになります。