対立軸でみる事例

オーナー社長がいなくなった時、誰と誰がもめるのか?

ホーム > もめてしまった事例 > 対立軸でみる事例

事業承継・相続の問題と言っても、多岐にわたります。それぞれの立場によって、言い分が異なるからです。一番大きな問題は、お金の使いみち。社長が生前に意図したような経営や相続がおこなわれないことが、たくさんあります。

過去の関係の清算

社長の奥様の主張

家族思いの優しい夫だと思っていたのに、もう全てを信用することができません。楽しい思い出も、子供への愛情もなにもかも嘘だと思ってしまいます。こう言っては大変申し訳無いのですが、義理のお父さんお母さんも、知っていたのではないかと疑ってしまいます。そう考えると、子供に会わせることもためらってしまいますよね。自分の人生が何だったのかと、本当に悲しくなります。

税務署の主張

遺族の方には、使途不明金の存在をお伝えしました。まさか亡き社長が愛人を囲っていたとは知りませんでしたし、ただ職務に忠実に行動したのです。ご家族にはとても気の毒ですが、この資金の用途を調べさせてもらいました。幸い行き先が見つかったので、そちらで処理をさせてもらいました。税金に関してはご遺族に課すことなく処理できましたので、安堵しております。

家族のお金

社長の奥さんの主張

確かになくなった主人が家庭に入れていたお金ですが、私腹を肥やそうと思って自分の口座に入れていたわけではなく、家族のお金を貯金していただけです。その家族のお金に、相続税がかかるなんて、納得がいきません。税理士の先生に相談しても、税務署に指摘されれば払うしかないとのことです。主人がなくなったことで、将来が不安なのですが、お金も取られるのは本当にどうしていいかわかりません。

税務署の主張

これは典型的な「名義預金」です。もし、社長の個人口座に現金貯蓄されていたら、財産と認定されて奥様に相続税がかかります。20年期間があるとはいえ、専業主婦である奥様に、1億円もの収入があったと思えません。意図的とは言いませんが、ある意味わかりやすい隠し財産と認定できます。もちろん、相続税はお支払いいただくことになります。

知らなかったは通用しない

社長の主張

創業以来お世話になっている税理士の先生から、提案してもらった規程なもので、何の疑問もなく定款にしてしまいました。確かに社長以外にも適用されるように書かれています。役員退職金以外に、自社株の買取もしなくてはならず、大きな金額になりそうです。口座のお金では全く足りません。また、今回の退職金を減額すると、私の退職金も減額となるかもしれません。

役員の主張

以前、社長が役員退職金規程をつくられた時に、同意のハンコを押しました。その中に、自身も対象となるような内容だったために、とても嬉しく思っていました。今回の経理の役員が亡くなったときに、本当に支払われるのかわからなかったので、確認をとりました。そんなに裕福な会社じゃないのは知っていますけれども、決まりごとですしきちんと支払ってくれると思いますよ。

取引先に乗っ取られる

取引先15%社長の主張

B社の乗っ取りなんて考えてもいません。お互いに信頼し、支え合って共に伸びてきた会社同士です。B社にとって私の会社はとても重要な取引先で、これからもっと関係を深めていきたいと思っています。

後継社長の主張

社長が残してくれた会社が、取引先の言いなりになっていると感じます。私は営業出身なので、取引先が重要なのはわかります。しかし、赤字の取引条件を飲まされたりするのは納得がいきません。ただ、自社のオーナーなので文句が言えません。

家族が家を追われる

遺族の主張

社長の亡き後、遺族である私達は安定した生活を望んでいます。会社の経営のことはわかりませんので、会社に株式を買い取っていただきたいのですが、引き継いだ社長に断られてしまいました。後継社長の主張このままでは、相続税を払うために住んでいる家を売ることになりそうです。

後継社長の主張

急に社長が亡くなったので、共同経営者である私が後を引き継ぎました。会社の経営はひとまず安泰ですが、奥様の自社株をすぐに買い取るというのは、大きな資金の流出になるのでできかねます。もちろん奥様には規定通り、役員退職金をお支払いしていますので、当座の生活は困らないようになっているはずです。

割れない土地

長男の主張

親父が残して相続した土地に、工場が建っているのでいままで家賃をもらっていました。大変ありがたかったのですが、今は大きな借金を背負ってしまったので、いち早く現金化したいのです。弟たちに相談しても、そんなお金はないと言いますし、このままでは自己破産しなければいけません。自己破産すると、他人に土地の権利が渡ってしまうので、余計問題になると思うのですが。

次男・三男の主張

長男も均等に相続したので、このままの状態を継続してほしいです。特に会社には数十人の社員を抱えているわけです。彼らの生活を脅かすことになる、「土地の権利を売る」というような脅迫まがいのことをやられても、到底認めるわけに行きません。健全で安定した経営は、亡くなった創業社長が口を酸っぱくしておっしゃっていたことですし。いい加減大人ですから、個人のことは個人で収拾つけてほしいものです。

会ったことのないファミリー

甥の息子の主張

昔は土地持ちだったと話は聞きます。私にとっては、同じ苗字の遠い親戚が経営している会社が、近所にたくさんあるという認識です。まずは誰が所有権を持っているのか、さらにその権利を相続しているのは誰か。そして、その権利を放棄してもらわなければ、土地を生き返らせることはできません。誰かがやらなければ、この土地を売ることもできません。建物を新しくすることもできません。疲れました。

所有者の主張

本家の会社から、毎月振り込まれているのは知っていましたが、何のお金かはわかりませんでした。亡くなったおじいちゃんは、あの土地の権利持ってたのねと。私が相続するにしても、兄弟やいとこにまで承諾を得なければならないとのこと。正直めんどくさいです。

強すぎる創業者

営業部長の主張

お世話になった創業社長の息子さんですから、全力で支えますよ。以前と比べて業績もそんなに落ちていませんし、問題もないと思うのですが、やりがいという意味ではちょっと無くなってきました。以前は創業社長のために頑張って徹夜仕事なんかもしたのですが、そんな時代じゃないのかもしれません。給料や福利厚生がよくなるのは、とても良いことですが。

後継社長の主張

創業社長が無くなってから、営業部長が会社を支えてくれました。会社は働く場を与えるものだと思っているので、給与で社員の頑張りを評価しようとしています。ただ、社員は給与を上げると、もっともっとと欲しがるものなのですよね。やれ福利厚生だの残業代だの要求が増えてきました。売上が頭打ちなので、その前に働いて欲しいですよね。

友人関係は二人だけのもの

専務の主張

社長の亡くなった後すぐに、奥様が亡くなるとは想像もしませんでした。自社株については、いずれ買い取らなければいけないのはわかっていたので、ゆっくり話をしていくつもりでした。社長と一緒に作って、お互いの家族にも支えられながら経営してきたので、迷惑のかからないように話し合って来ましたが、急に買い取るのは負担がおもすぎます。15人の社員にも、説明がつきません。

息子さんの主張

この1年で両親を亡くしたので、相続が本当に大変でした。税理士の先生に2度もお願いしました。相続税を支払ったのですが、土地や家をそのまま引き受けなければならず、母親の現金では足りなかったので、自分の懐から出ていってしまいました。親父の作った会社のことはよくわからないので、株式を買い取ってほしいのですが、ちょっとまってくれとの事です。会社を乗っ取るつもりではないので、早く現金化したいのですが。

ホーム > もめてしまった事例 > 対立軸でみる事例